【2021/08/08更新】≪宣告者の神巫≫の使い方、相性のいいカード33選【遊戯王OCG】

遊戯王
  1. ロスト・サンクチュアリがリメイクされるぞ!
  2. 天使族の強力カード≪宣告者の神巫≫
  3. ①の効果で墓地に送りたいモンスター
    1. メインデッキのモンスター
      1. ≪イーバ≫
      2. ≪悲劇のデスピアン≫
      3. ≪超量士ホワイトレイヤー≫
    2. エクストラデッキのモンスター
      1. ≪旧神ヌトス≫
      2. ≪エルシャドール・ネフィリム≫
      3. ≪虹光の宣告者≫
  4. ②の効果のトリガーとなりえるカード
    1. モンスターカード
      1. ≪サイボーグドクター≫
      2. ≪スターダスト・シンクロン≫
      3. ≪魂の造形家≫
      4. ≪ホーリーナイツ・オルビタエル≫
      5. ≪機巧嘴-八咫御先≫
      6. ≪カイザー・グライダー-ゴールデン・バースト≫
      7. ≪溟界の黄昏-カース≫
      8. ≪トリアス・ヒエラルキア≫
      9. ≪幻魔皇ラビエル-天界蹂躙拳≫
      10. ≪ジェット・ウォリアー≫
      11. ≪リンク・ディサイプル≫
      12. ≪代行者の近衛 ムーン≫
      13. ≪幻獣機アウローラドン≫
    2. 魔法カード
      1. ≪アドバンスドロー≫
      2. ≪ダウンビート≫
      3. ≪モンスターゲート≫
      4. ≪剣の煌き≫
      5. ≪神秘の中華なべ≫
      6. ≪スターライト・ジャンクション≫
    3. 罠カード
      1. ≪苦渋の黙札≫
      2. ≪昇天の角笛≫
  5. ②の効果で特殊召喚したいモンスター
    1. レベル1
      1. ≪ドドレミコード・キューティア≫
      2. ≪超量妖精アルファン≫
      3. ≪ワルキューレ・セクスト≫
    2. レベル2
      1. ≪サイバー・エッグ・エンジェル≫
      2. ≪サイバー・プチ・エンジェル≫
      3. ≪星杯の妖精リース≫
  6. さいごに

ロスト・サンクチュアリがリメイクされるぞ!

2021年8月7日(土)にストラクチャーデッキR- ロスト・サンクチュアリ -が発売されますね

今回のストラクチャーデッキでは、≪天空の聖域≫を生かした天使族デッキが、さらなる強化を遂げて復活します

コナミデジタルエンタテインメント 遊戯王OCG デュエルモンスターズ ストラクチャーデッキR -ロスト・サンクチュアリ- CG1753

ロスト・サンクチュアリは、2010/12/11に発売されました
3箱購入するだけで、収録テーマである「代行者」のほとんどが揃い、それらを用いて構築された【代行天使】が2011年の世界大会で優勝するほど強力なストラクチャーデッキだったようです

そんな強力なデッキがリメイクされて登場するので、今から期待が高まりますよね

天使族の強力カード≪宣告者の神巫≫

さて、そんな天使族の強カードといえば、2020/02/04発売の遊☆戯☆王OCGストラクチャーズの付録カード≪宣告者の神巫≫がありますよね

≪宣告者の神巫≫

チューナー・効果モンスター 星2/光属性/天使族/攻 500/守 300
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。デッキ・EXデッキから天使族モンスター1体を墓地へ送る。このカードのレベルはターン終了時まで、そのモンスターのレベル分だけ上がる。②:このカードがリリースされた場合に発動できる。手札・デッキから「宣告者の神巫」以外のレベル2以下の天使族モンスター1体を特殊召喚する。

引用:遊戯王OCGカードデータベース

宣告者の巫女ではないので注意

①の効果は、天使族の墓地肥しとレベル変動の効果。
メインデッキからだけでなく、エクストラデッキからも墓地に送ることができるので、選択肢はかなり豊富にあります。

②の効果は、自身がリリースされた場合に手札・デッキから同名以外のレベル2以下の天使族モンスターを特殊召喚する効果。
レベルの制限はあるものの、効果無効などの縛りがないため、その後の展開にもつなげていくことが可能です。

今回は、そんな≪宣告者の神巫≫と相性のいいカードをまとめました

2021/07/30 ≪溟界の黄昏-カース≫を追記しました
2021/08/08 ≪代行者の近衛 ムーン≫を追記しました

①の効果で墓地に送りたいモンスター

ここでは墓地で効果を使えるモンスターを挙げています

デッキによっては、下記以外のモンスターを使用した方がいい場面もありますのであくまで参考程度に

メインデッキのモンスター

≪イーバ≫

効果モンスター
星1/光属性/天使族/攻 500/守 200
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。①:このカードが墓地へ送られた場合、このカード以外の自分のフィールド・墓地の天使族・光属性モンスターを2体まで除外して発動できる。除外した数だけ、デッキから「イーバ」以外のレベル2以下の天使族・光属性モンスターを手札に加える(同名カードは1枚まで)。

引用:遊戯王OCGカードデータベース

2枚目の≪宣告者の神巫≫もサーチできる天使族の強力なモンスター
効果を有効に使うためには、あらかじめ別の天使族を墓地に送っておく必要があります

≪悲劇のデスピアン≫

効果モンスター
星1/闇属性/天使族/攻 400/守 400
このカード名の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。①:このカードが効果で墓地へ送られた場合、または効果で除外された場合に発動できる。デッキから「悲劇のデスピアン」以外の「デスピア」モンスター1体を手札に加える。②:墓地のこのカードを除外し、自分の墓地の「烙印」魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。そのカードを自分フィールドにセットする。

引用:遊戯王OCGカードデータベース

「デスピア」をサーチできるこのカード
デスピアはもはやそれだけで完結しているテーマなのでわざわざやるか感は否めませんが、変なデッキ大好きなお前たちは使いそうですね

≪超量士ホワイトレイヤー≫

効果モンスター
星7/光属性/天使族/攻2400/守2400
このカード名の①②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。①:手札及び自分フィールドの表側表示モンスターの中から、光属性以外の「超量」モンスター1体を墓地へ送って発動できる。このカードを手札から守備表示で特殊召喚する。②:このカードが召喚・特殊召喚に成功した時に発動できる。デッキから「超量」モンスター1体を墓地へ送る。このカードの属性・レベルはそのモンスターと同じになる。③:このカードが墓地へ送られた場合に発動できる。自分のデッキ・墓地から「超量妖精アルファン」1体を選んで手札に加える。

引用:遊戯王OCGカードデータベース

「超量」のキーカードである≪超量妖精アルファン≫にアクセスできます

エクストラデッキのモンスター

≪旧神ヌトス≫

融合・効果モンスター
星4/光属性/天使族/攻2500/守1200
Sモンスター+Xモンスター
自分フィールドの上記カードを墓地へ送った場合のみ特殊召喚できる。自分は「旧神ヌトス」を1ターンに1度しか特殊召喚できない。①:1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。手札からレベル4モンスター1体を特殊召喚する。②:このカードが墓地へ送られた場合、フィールドのカード1枚を対象として発動できる。そのカードを破壊する。

引用:遊戯王OCGカードデータベース

≪宣告者の神巫≫をフィールドのカードを破壊するカードとして運用できます
相手のカードを破壊するのもいいですが、自身のカードを破壊してコンボに繋げることもできます

≪エルシャドール・ネフィリム≫

融合・効果モンスター
星8/光属性/天使族/攻2800/守2500
「シャドール」モンスター+光属性モンスター
このカードは融合召喚でのみEXデッキから特殊召喚できる。①:このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。デッキから「シャドール」カード1枚を墓地へ送る。②:このカードが特殊召喚されたモンスターと戦闘を行うダメージステップ開始時に発動する。そのモンスターを破壊する。③:このカードが墓地へ送られた場合、自分の墓地の「シャドール」魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。そのカードを手札に加える。

引用:遊戯王OCGカードデータベース

「シャドール」魔法・罠を回収することができます
≪エルシャドール・ネフィリム≫は場に出て強いカードなので、直接送ることにメリットを見出したいですね

≪虹光の宣告者≫

シンクロ・効果モンスター
星4/光属性/天使族/攻 600/守1000
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
①:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、お互いの手札・デッキから墓地へ送られるモンスターは墓地へは行かず除外される。②:モンスターの効果・魔法・罠カードが発動した時、このカードをリリースして発動できる。その発動を無効にし破壊する。③:このカードが墓地へ送られた場合に発動できる。デッキから儀式モンスター1体または儀式魔法カード1枚を手札に加える。

引用:遊戯王OCGカードデータベース

儀式デッキなら採用したいカード
儀式魔法とモンスターが揃っている状態なら、そのまま≪宣告者の神巫≫の②の効果も活用できます

②の効果のトリガーとなりえるカード

使うかどうかはひとまず置いておいて、比較的簡単にリリースできる効果を持っているカードを挙げていきます

モンスターカード

≪サイボーグドクター≫

効果モンスター
星4/地属性/魔法使い族/攻1500/守1700
自分フィールド上に存在するチューナー1体をリリースして発動する。リリースしたモンスターと同じ属性・レベルのモンスター1体を自分の墓地から特殊召喚する。この効果は1ターンに1度しか使用できない。

引用:遊戯王OCGカードデータベース

墓地に光属性のチューナーを用意する必要がありますが、自身の効果でレベルが変動している≪宣告者の神巫≫をリリースすることでさまざまなレベルの光チューナーを特殊召喚することができます

≪スターダスト・シンクロン≫

チューナー・効果モンスター
星4/光属性/機械族/攻1500/守1000
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。①:このカードが手札・墓地に存在する場合、自分フィールドのモンスター1体をリリースして発動できる。このカードを特殊召喚する。この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。この効果の発動後、ターン終了時まで自分はSモンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。②:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。デッキから「スターダスト・ドラゴン」のカード名が記された魔法・罠カード1枚を手札に加える。

引用:遊戯王OCGカードデータベース

≪スターダスト・シンクロン≫を使えば、自身を特殊召喚しつつ、≪光来する奇跡≫などをサーチすることができます
≪宣告者の神巫≫で非チューナーを特殊召喚すれば5~6までのSモンスターも呼びだせますね

≪魂の造形家≫

効果モンスター
星4/光属性/天使族/攻1600/守2100
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。①:自分フィールドのモンスター1体をリリースして発動できる。元々の攻撃力と元々の守備力の合計が、リリースしたモンスターと同じとなるモンスター1体をデッキから手札に加える。

引用:遊戯王OCGカードデータベース

≪宣告者の神巫≫は攻守の合計値が800なので、同じく合計800のモンスターをサーチできます

2021/07/28 再録が発表されました!

≪ホーリーナイツ・オルビタエル≫

効果モンスター
星4/光属性/天使族/攻 400/守2100
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。①:自分フィールドの光属性モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターをリリースし、デッキから「ホーリーナイツ」魔法・罠カード1枚を選んで自分フィールドにセットする。この効果は相手ターンでも発動できる。②:このカードが墓地に存在し、自分フィールドの表側表示のドラゴン族・光属性・レベル7モンスターが手札に戻った場合に発動できる。このカードを特殊召喚する。

引用:遊戯王OCGカードデータベース

「ホーリーナイツ」はレベル4・光属性・天使族とレベル7・光属性・ドラゴン族が主体のデッキなので≪宣告者の神巫≫で呼びだしたモンスターをうまく活用してそれらに繋げたいところ

≪機巧嘴-八咫御先≫

効果モンスター
星5/光属性/機械族/攻2050/守2050
このカード名の②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。①:このカードは自分フィールドの通常召喚されたモンスター1体をリリースして手札から特殊召喚できる。②:このカードが召喚・特殊召喚に成功したターンの自分メインフェイズに発動できる。モンスター1体を召喚する。自分はこの効果で召喚したターン、そのモンスターと元々の種族が同じモンスターしか特殊召喚できない。③:このカードの①の方法で特殊召喚したこのカードがリリースされた場合に発動する。自分は2050LP回復する。

引用:遊戯王OCGカードデータベース

5~6シンクロに繋げることや、さらに他の天使を召喚していくことができます

②の効果を使うと種族縛りが発生するので注意

≪カイザー・グライダー-ゴールデン・バースト≫

効果モンスター
星6/光属性/ドラゴン族/攻2400/守2200
このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。①:自分フィールドのモンスター1体をリリースして発動できる。このカードを手札から特殊召喚する。この効果は相手ターンでも発動できる。②:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。このカードの攻撃力はターン終了時まで、そのモンスターの攻撃力と同じになる。

引用:遊戯王OCGカードデータベース

≪機巧嘴-八咫御先 ≫とにた効果ですが、こちらのレベルは6なので、シンクロに繋げる場合は7~8になれます
相手ターンにも使える効果なので、ある程度の奇襲性もありますね

≪溟界の黄昏-カース≫

効果モンスター
星8/光属性/爬虫類族/攻 400/守2400
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。①:このカードが墓地に存在する場合、自分フィールドのモンスター1体をリリースして発動できる。このカードを特殊召喚する。その後、相手は自身の墓地からモンスター1体を選んで効果を無効にして特殊召喚できる。②:このカードが特殊召喚に成功した場合、自分の墓地のレベル4以下の「溟界」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターは、フィールドから離れた場合に除外される。

引用:遊戯王OCGカードデータベース

このカードは、≪溟界の滓-ナイア≫を使って簡単に墓地に落とせますし、特殊召喚時に≪溟界の滓-ナイア≫を蘇生できるため、合計3体のモンスターを展開できます

≪トリアス・ヒエラルキア≫

効果モンスター
星9/光属性/天使族/攻1900/守2900
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。①:このカードが手札・墓地に存在する場合、自分・相手のメインフェイズに、自分フィールドの天使族モンスターを3体までリリースして発動できる。このカードを特殊召喚する。この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。さらに、この効果を発動するためにリリースしたモンスターの数によって以下の効果をそれぞれ適用できる。
●2体以上:相手フィールドのカード1枚を選んで破壊する。
●3体:自分はデッキから2枚ドローする。

引用:遊戯王OCGカードデータベース

≪宣告者の神巫≫一番の相方となるカード
1枚でランク9エクシーズが出せるのは本当に強い

≪幻魔皇ラビエル-天界蹂躙拳≫

特殊召喚・効果モンスター
星10/闇属性/悪魔族/攻4000/守4000
このカードは通常召喚できない。自分フィールドのモンスター3体をリリースした場合のみ特殊召喚できる。このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。①:このカードを手札から捨て、自分フィールドの「幻魔皇ラビエル」1体を対象として発動できる。このターン、そのモンスターの攻撃力は倍になり、相手モンスター全てに1回ずつ攻撃できる。この効果は相手ターンでも発動できる。②:このカードが墓地に存在する場合、自分フィールドのモンスター1体をリリースして発動できる。このカードを手札に加える。

引用:遊戯王OCGカードデータベース

自身を回収しながらリリースできるモンスター
回収したこのカードは≪デーモンの呼び声≫などのコストにしてしまいましょう

≪ジェット・ウォリアー≫

シンクロ・効果モンスター
星5/炎属性/戦士族/攻2100/守1200
「ジェット・シンクロン」+チューナー以外のモンスター1体以上
「ジェット・ウォリアー」の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。①:このカードがS召喚に成功した場合、相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。そのカードを持ち主の手札に戻す。②:このカードが墓地に存在する場合、自分フィールドのレベル2以下のモンスター1体をリリースして発動できる。このカードを墓地から守備表示で特殊召喚する。この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。

引用:遊戯王OCGカードデータベース

このカードを使う際には、Sモンスターであることや「シンクロン」モンスターであることを生かした構築にしたいですね

≪リンク・ディサイプル≫

リンク・効果モンスター
リンク1/光属性/サイバース族/攻 500
レベル4以下のサイバース族モンスター1体
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。①:このカードのリンク先のモンスター1体をリリースして発動できる。自分はデッキから1枚ドローし、その後手札を1枚選んでデッキの一番下に戻す。

引用:遊戯王OCGカードデータベース

手札交換しながらリリースできるカード
基本的に≪リンク・ディヴォ―ティー≫の相方なんですが、出しやすさも含めて紹介

≪代行者の近衛 ムーン≫

リンク・効果モンスター
リンク2/光属性/天使族/攻1800
天使族モンスター2体
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。①:このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。デッキから「天空の聖域」またはそのカード名が記されたカード1枚を墓地へ送る。フィールドまたは墓地に「天空の聖域」が存在する場合、代わりに自分のデッキ・墓地から「神秘の代行者 アース」1体を選んで手札に加える事ができる。②:自分フィールドの天使族モンスター1体をリリースし、相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。そのカードを破壊する。

引用:遊戯王OCGカードデータベース

ストラクチャーデッキR- ロスト・サンクチュアリ -で登場したリンクモンスター
自分モンスターをリリースしつつ、相手のカードを破壊できます

≪幻獣機アウローラドン≫

リンク・効果モンスター
リンク3/風属性/機械族/攻2100
機械族モンスター2体以上
①:このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。自分フィールドに「幻獣機トークン」(機械族・風・星3・攻/守0)3体を特殊召喚する。このターン、自分はリンク召喚できない。②:1ターンに1度、自分フィールドのモンスターを3体までリリースして発動できる。リリースしたモンスターの数によって以下の効果を適用する。●1体:フィールドのカード1枚を選んで破壊する。●2体:デッキから「幻獣機」モンスター1体を特殊召喚する。●3体:自分の墓地から罠カード1枚を選んで手札に加える。

引用:遊戯王OCGカードデータベース

リンクモンスターの中で最強クラスの性能を持つこのカード
≪宣告者の神巫≫を巻き込んで効果を使えば「幻獣機」モンスターと天使族モンスター、≪幻獣機トークン≫を使って展開できます

魔法カード

≪アドバンスドロー≫

通常魔法
自分フィールド上に表側表示で存在するレベル8以上のモンスター1体をリリースして発動できる。デッキからカードを2枚ドローする。

引用:遊戯王OCGカードデータベース

※レベルを変動させた場合のみ使用可能

≪ダウンビート≫

通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。①:自分フィールドの表側表示モンスター1体をリリースして発動できる。リリースしたモンスターと元々の種族・属性が同じで元々のレベルが1つ低いモンスター1体をデッキから特殊召喚する。

引用:遊戯王OCGカードデータベース

デッキにさらにモンスターを用意する必要があるが、レベルの低いモンスターを並べることが可能

≪モンスターゲート≫

通常魔法
①:自分フィールドのモンスター1体をリリースして発動できる。通常召喚可能なモンスターが出るまで自分のデッキの上からカードをめくり、そのモンスターを特殊召喚する。残りのめくったカードは全て墓地へ送る。

引用:遊戯王OCGカードデータベース

使うときは、リクルート先が墓地に行かないように祈っておこう

≪剣の煌き≫

装備魔法
「X-セイバー」と名のついたモンスターにのみ装備可能。装備モンスターが戦闘によって相手モンスターを破壊した場合、相手フィールド上に存在するカード1枚を破壊する事ができる。また、自分フィールド上に存在するモンスター1体をリリースする事で、自分の墓地に存在するこのカードをデッキの一番上に戻す。

引用:遊戯王OCGカードデータベース

≪聖騎士の追想 イゾルデ≫で落として≪水晶機巧-ハリファイバー≫に繋げることで簡単に用意できる

≪神秘の中華なべ≫

速攻魔法
自分フィールド上のモンスター1体を生け贄に捧げる。生け贄に捧げたモンスターの攻撃力か守備力を選択し、その数値だけ自分のライフポイントを回復する。

引用:遊戯王OCGカードデータベース

ライフ回復量は微々たるものだが、リリースの条件が簡単

※生け贄→リリース

≪スターライト・ジャンクション≫

フィールド魔法
「スターライト・ジャンクション」の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。①:自分フィールドのチューナー1体をリリースしてこの効果を発動できる。リリースしたモンスターとレベルが異なる「シンクロン」モンスター1体をデッキから特殊召喚する。②:相手ターンに自分がエクストラデッキからSモンスターを特殊召喚した場合、フィールドのカード1枚を対象として発動する。そのカードを持ち主のデッキに戻す。

引用:遊戯王OCGカードデータベース

「シンクロン」モンスターを呼びだしながら天使族モンスターをリクルートでき、縛りのあるSモンスターの召喚に使える

罠カード

≪苦渋の黙札≫

通常罠
①:自分フィールドのモンスター1体をリリースして発動できる。リリースしたモンスターと元々のカード名が異なり、元々の種族・属性・レベルが同じモンスター1体を自分のデッキ・墓地から選んで手札に加える。

引用:遊戯王OCGカードデータベース

≪昇天の角笛≫

カウンター罠
自分フィールド上に存在するモンスター1体をリリースして発動する。モンスターの召喚・反転召喚・特殊召喚を無効にし破壊する。

引用:遊戯王OCGカードデータベース

虹光の宣告者≫によってサーチできる儀式魔法カードも相性がいいですね。
虹光の宣告者≫を①の効果で墓地に送った場合、自身のレベルが6になるのでレベル6をよく使う儀式テーマなど(機械天使、影霊衣、リチュア等)は相性がいいかもですね

特に機械天使は≪サイバー・エンジェル-弁天-≫を使うことでさらに他の天使族をサーチできるので特に相性がいいです

②の効果で特殊召喚したいモンスター

レベル1

≪ドドレミコード・キューティア≫

ペンデュラム・効果モンスター
星1/地属性/天使族/攻 100/守 400
【Pスケール:青8/赤8】
このカード名の①のモンスター効果は1ターンに1度しか使用できない。①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。デッキから「ドドレミコード・キューティア」以外の「ドレミコード」Pモンスター1体を手札に加える。②:自分のPゾーンに偶数のPスケールが存在する限り、自分フィールドの「ドレミコード」Pモンスターの攻撃力は自身のPスケール×100アップする。

引用:遊戯王OCGカードデータベース

「ドレミコード」の起点となるモンスターを特殊召喚して、安定してデュエルを行っていこう

≪超量妖精アルファン≫

効果モンスター
星1/光属性/天使族/攻 0/守 0
「超量妖精アルファン」の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。①:1ターンに1度、自分フィールドの「超量」モンスター1体を対象として発動できる。自分フィールドの全てのモンスターのレベルは対象のモンスターと同じレベルになる。②:このカードをリリースして発動できる。デッキから「超量」モンスター3種類を相手に見せ、相手はその中からランダムに1体選ぶ。そのモンスター1体を自分フィールドに特殊召喚し、残りを墓地へ送る。

引用:遊戯王OCGカードデータベース

超量士ホワイトレイヤー≫といい、≪宣告者の神巫≫と「超量」の相性はかなりいいですね

≪ワルキューレ・セクスト≫

効果モンスター
星1/光属性/天使族/攻 0/守2000
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。①:このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。デッキから「ワルキューレ・セクスト」以外の「ワルキューレ」モンスター1体を特殊召喚する。②:自分メインフェイズに発動できる。相手のデッキの上からカードを2枚墓地へ送る。

引用:遊戯王OCGカードデータベース

先述したランク9を作るギミックに必要なカード
ワルキューレ・シグルーン≫を特殊召喚すればランク9に行けるほか、その他強力な「ワルキューレ」モンスターを展開していこう

レベル2

≪サイバー・エッグ・エンジェル≫

効果モンスター
星2/光属性/天使族/攻 200/守 300
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。①:このカードが召喚・反転召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。デッキから「機械天使」魔法カードまたは「祝福の教会-リチューアル・チャーチ」1枚を手札に加える。

引用:遊戯王OCGカードデータベース

≪サイバー・プチ・エンジェル≫

効果モンスター
星2/光属性/天使族/攻 300/守 200
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。①:このカードが召喚・反転召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。デッキから「サイバー・エンジェル」モンスター1体または「機械天使の儀式」1枚を手札に加える。

引用:遊戯王OCGカードデータベース

「機械天使」デッキで必要になってくる上記2枚のカード
状況に応じて使い分けよう

≪星杯の妖精リース≫

効果モンスター
星2/光属性/天使族/攻 100/守2000
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。デッキから「星杯」モンスター1体を手札に加える。②:このカードが墓地に存在する場合、自分の手札・フィールドのモンスター1体を墓地へ送って発動できる。墓地のこのカードを手札に加える。

引用:遊戯王OCGカードデータベース

「星杯」モンスターには様々な効果を持つモンスターが多いので、状況やデッキによっては活躍が期待できます
②の効果がリリースじゃないのは残念

さいごに

今回は、≪宣告者の神巫≫と相性がいいカードを私なりにまとめてみました

宣告者の神巫≫は今後も天使族モンスターが増えるたびに注目度が増すカードだと思うので、今のうちから集めておきましょう

このほかにも、相性のいいカードがありましたらコメントなどで教えてください

この記事が、あなたのデッキ構築の参考になったら幸いです

ここまで読んでいただき、ありがとうございました

遊☆戯☆王OCGストラクチャーズ 1 (ジャンプコミックス)

コメント

タイトルとURLをコピーしました