【初心者向け】ストラクチャーデッキを3個買うべき理由は3つある【遊戯王OCG】

遊戯王

こんにちは、ぎゃばです。

今回は遊戯王を始めたい方に向けて、「ストラクチャーデッキを3個買うところから始めよう」という話をしていこうと思います。

なんで複数買うのよ!→同名カードが3枚欲しいから

画像はイメージです

遊戯王のデッキはルール上、「同じ名前のカードは3枚まで」と決まっています。そして、ストラクチャーデッキは基本的にハイランダー構築気味になっているため、1個買っただけでは収録カードは1枚ずつしか手に入りません。

引用:遊戯王wiki

上記の画像は2021年5月15日に発売されたストラクチャーデッキ「サイバー流の後継者」ですが、見ていただいたらわかる通り、すべてのカードが1枚しか収録されていません。

そのため、基本的には3個買うことを推奨しています。

3個買ってどうするの?→3個合体のデッキを組んでみよう

画像はイメージです

ストラクチャーデッキには、表紙を飾っているモンスターが存在し、大体はそのモンスターがそのデッキのエースモンスターであることが多いです。

なので、そのモンスターを出して戦うことを目的としたデッキを構築すれば、遊戯王におけるデッキ構築の基本が学べます。

また、エースを出すことを中心にデッキを組むことで、複雑な展開が生じることが少なくなり、初心者も比較的簡単に遊べると思います。

YouTubeや他のブログでも3箱合体デッキのレシピはたくさん公開されているのでいろいろ調べて参考にしてください。
当ブログでもストラク3個合体はやていこうと思っています。

余るカード出るんじゃないの?→今後の遊戯王ライフできっと役立つはず!

画像はイメージです

ストラクチャーデッキには、再録枠に超優秀な汎用カードが入ることが多いです。
遊戯王を続けていくうちに、そういった汎用カードが必要になってくる時があります。
そんな時にストラクを買っておくことで必要な時すぐに使ってデッキを作ったりデュエルすることができます。

引用:遊戯王wiki

≪ライトニング・ストーム≫や≪無限泡影≫など、ノーマルでの再録がされる前まではこの2枚だけでストラク1つの値段より高かったりしました。

じゃあおすすめのストラクってあるの?→とりあえず直近で発売されるものを買ってみよう

ストラクは再版もされますが、基本的には一定期間経つと入手するのが困難になります。
なのでその時に発売されているのをとりあえず選んでおくのがいいと思います。

しかし、それだとアレなので、個人的におすすめのストラクを2つ紹介しようと思います。

遊戯王OCG デュエルモンスターズSTRUCTURE DECK R- マシンナーズ・コマンド –

引用:遊戯王wiki

このデッキは、≪マシンナーズ・カーネル≫が看板モンスターとなっています。このカードが強力で、早く墓地に送っておけるかがカギになってきます。3個だけでも十分戦える内容になっています。
≪カーネル≫の効果をいかに利用していけるか、その点をメインにデュエルを進めていけばいいので回すのも簡単です。

また、≪トラップトリック≫、≪同胞の絆≫などの高価なカードも再録しているためそういった意味でもおすすめです。

遊戯王OCG デュエルモンスターズSTRUCTURE DECK R- ドラグニティ・ドライブ –

引用:遊戯王wiki

個人的にリンク召喚とシンクロ召喚は遊戯王の花形ともいえる召喚方法だと思っています。
その2つが収録されているデッキはとてもおすすめです。

しかも、必須なシンクロモンスターがきちんと収録されていますので、3つ買っただけでもかなり強く戦うことができます。

再録面も優秀で、≪墓穴の指名者≫や≪レッド・リブート≫など、大会環境でも見られるカードが再録されているため、かなりお買い得です。

まとめ

このように、遊戯王を始めるときは、まとまったカードが一気に手に入り、ある程度完成度の高いデッキを作ることができるので、ぜひストラク3つ買って遊戯王を始めましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました