【遊戯王】2021年7月適用のリミットレギュレーション判明!カジュアル勢の反応は??

遊戯王

こんにちは、ぎゃばです。

先日2021年6月13日に7月のリミットレギュレーションが発表されましたね。

今回は、この発表を受けてカジュアル勢として遊戯王を楽しんでいる僕の意見を記していこうと思います!

今回の改定内容

新たに禁止になるカード

十二獣ドランシア【制限⇒禁止】

新たに制限になるカード

今回新たに制限になるカードはありません。

新たに準制限になるカード

PSYフレームギア・γ【無制限⇒準制限】

炎舞-「天璣」【無制限⇒準制限】

ペンデュラム・コール【制限⇒準制限】

制限が解除されるカード

ゼンマイマジシャン【準制限⇒無制限】

マスマティシャン【準制限⇒無制限】

ファイアウォール・ドラゴン【準制限⇒無制限】

ユニオン格納庫【準制限⇒無制限】

新禁止カードについて

正直なところ、「なんで帰ってきてた」という思いと、「え、今?」という感じです。
実際、≪ドランシア≫だけでなく、「十二獣」の一枚の上に重ねてエクシーズできるというシステムは好きではありません。それまでに出ていた別のエクシーズテーマや「RUM」カードの存在を否定しているように感じるからです。十二支がモチーフということなので、12種類の動物が巡っていく感じのテーマになればもっと印象が違っていたのかもしれません。
とりあえず、もうこの子は帰ってこなくていいです。

新制限カードについて

今回は新しく制限カードが出なかったということで。
正直、よかったなという印象です。直近で買った≪アーゼウス≫が生き残ってて本当に良かった。(一枚しか買ってないけどw)
今年も某ウイルスの影響で例年ほど遊戯王の大会が開催されていないことが要因だと思います。
まぁ規制と緩和が毎回大量に出るのもどうかと思う人間なので今回はまぁまぁ・・・といったところでしょうか。

新準制限カードについて

どのカードも自分にはあんまり関係のなかったカードからの規制&緩和でした。

炎舞-「天璣」≫は環境での『鉄獣戦線』の活躍を見るに当然の結果かなと。欲を言えば鉄獣の中から規制を掛けろよとは思いますが、販促の都合で仕方のない部分もあるのでしょう。
しかし、≪天璣≫のサーチ範囲の広さはすさまじいですから、獣戦士全体の勢いを落とすためにはこのカードを規制するのも納得ですわな。


ペンデュラム・コール≫は、魔術師が大会でほとんど見られなくなったことや、≪慧眼の魔術師≫と相性が良くないから緩和されたんでしょう。

PSYフレームギア・γ≫は環境での採用率の増加、≪灰流うらら≫や≪増殖するG≫のメタとなっているので掛けた感じでしょうか。この結果、大会環境がどうなっていくでしょうか。個人的にはあんまり変わらないと思いますが。

新緩和カードについて

ファイアウォール・ドラゴン≫≪ユニオン格納庫≫は前回準制限に緩和されましたが、特に問題ないとされ今回緩和されたんでしょう。≪格納庫≫は≪ドラゴンバスター≫が制限にとどまっており、≪ファイアウォール≫はエラッタでかなり弱体化しましたからね。

マスマティシャン≫は召喚権を使うことや、落とすモンスターがレベル4以下という点で緩和されたのでしょうか。特に、現代遊戯王では召喚権を使うカードはデッキに複数種類入れると重くなるので仕方ないのかなと思いました。

ゼンマイマジシャン≫も緩和後に特に目立った悪さをしていないから今回も緩和されたように思います。

まとめ

今回の改定も斜め上を行くものでした。
個人的には≪VFD≫がそろそろ禁止に行くんじゃないかなと思っていましたが、まさかの≪ドランシア≫でしたねw
他にも、≪アーゼウス≫や≪魔鍾洞≫など採用率が高く、通れば大逆転できたり相手に何もさせないようなカードをどうにか規制してもらいたいものですな。

コメント

タイトルとURLをコピーしました